施設介護

特別養護老人ホームの空きが無い時はショートステイで負担軽減

今は高齢社会になってきていて、施設介護を受けたいという希望をしている人も少なくありません。申し込みの順番、介護度の高さなどを総合的に考えて、空き待ちの順番が決まるのですが、特別養護老人ホームは一人亡くなって一人の受け入れが可能になるの ...

在宅介護

デイサービスとショートステイを組み合わせて在宅介護をもっと楽に!

要介護認定を受けているうちの祖母は、数年前に介護施設に入所していた時期がありました。私も時々、雑用がてらお見舞いに行ったのですが、そこは介護施設とはいってもいろんな状態の方がいる施設。直接見てはないですが、本当に寝たきりの方も上の方の ...

介護の基本

介護は変化するので定期的に介護計画を見直す

介護計画(介護方針)はその施設によって違いますが、これはずっと同じものではなく、ある程度の時期が来たら見直す必要があるといわれています。
なぜ介護計画を見直すのか、その必要性や方法などをご紹介していきます。

介護の基本

職員へのクレームは介護サービスを変える

職員からの虐待が非常に問題になっている施設介護ですが、この原因は主に介護士のストレス、苦悩にあるといわれています。また、介護士のストレスや苦悩は、その家族からのクレームによって生まれる可能性があります。
一生懸命介護

在宅介護

遠距離介護で気をつけるポイント

核家族が進んでいる昨今では、家族が遠く人住んでいる遠距離介護がよく見受けられます。遠くに自分の母親や父親がいる場合はどのような点に注意していけばよいのでしょうか。

何かあった時に駆けつけてくれる人を決めておく

高齢

介護の基本

これ以上悪化させないための介護予防

一回でも人に頼って楽に過ごせることを覚えてしまうと、高齢者は自分で出来ることも、人頼みになってしまいがちになります。特に病院や施設から在宅に移った時には、その傾向が多く見られます。病院や施設は1~10まで、要望を聞いてくれますし、「お ...

在宅介護

介護で大切なことは「頑張らないこと」

主に在宅介護の介護をする家族は、主婦や要介護者の子どもである事が多く、そのほとんどが一人で、介護を強いられる状況にあるということです。在宅介護は、24時間365日拘束されている訳です。仕事なら時間で解放されますが、家族での介護はそうは ...

施設介護

特養や有料への入居で終末期介護へのルート

大抵の場合は、病院から介護老人保健施設(以下、老健という)、自宅へというケースが望ましいのですが、家族の都合などにより自宅での介護を視野に入れていないのも事実です。一旦、入院してしまうと、必ずと言って良いほど介護を必要とする可能性が高 ...

在宅介護

退院後に自宅へ戻る場合は、「ある程度の日常生活動作(ADL)が維持されているか」、又は「本人の強い希望で自宅に帰りたい」と、いう場合が多いでしょう。それには、家族の中に介助若しくは介護できる人が居ることが条件となります。 入院の間にも状態が安定していれば、リハビリも行いますので、杖などを使用して自力で歩行できる範囲であれば、在宅介護は可能と言えます。しかし、入院以前のように回復する事は、大変難しく、自宅の改装が必要になる場合が多々あります。 家具の配置替え、ベッドの購入・ポータブルトイレの必要性などを検討しなければなりません。また、それに加えて、段差の解消や浴室・トイレの改装、手すりを取り付けるなど、自宅をバリアフリーの状態にしなければならない場合もでてきます。 自宅をバリアフリーにするためには、工事が必要ですが、介護度に関係なく、工事費うち約20万円は一律に補助金が出るようになっています。工事は市区町村から依頼された業者が行うことが、通常の流れです。 工事を請け負う工務店には、福祉住環境コーディネーターという人がいます。どのような不都合があり、どの部分をどのように改装するのかを文章として、市区町村に提出し、それが認められると補助金を貰っての工事ができます。大抵の場合は、部屋に出入りする段差の解消や廊下やトイレ・浴室の手すりを付けるという事が多く、他の部分は以前からある家具を上手に利用して、つたって歩いていけるように工夫したりします。 また、介護用具も必要となってきます。自宅は介護施設のようには作られていないので、車椅子を使う場合には、トイレのドアを外し、カーテンにするなど、狭い空間の中で要介護者も介護する人にとっても負担の掛かる介護は、継続出来ないことと、余計なストレスを溜め込む原因となってしまいます。 それを解消するためには、自宅をバリアフリーにするだけでは、解決しない場合も少なくありません。入浴などの負担の大きい介護に対しては、デイサービスを利用するなどして、対応することも視野に入れて考えましょう。

退院後に自宅へ戻る場合は、「ある程度の日常生活動作(ADL)が維持されているか」、又は「本人の強い希望で自宅に帰りたい」と、いう場合が多いでしょう。それには、家族の中に介助若しくは介護できる人が居ることが条件となります。

自宅を ...

施設介護

老健でリハビリ、その後在宅介護へのルート

退院後、そのまま自宅での療養に戻ることに自信が持てない高齢者には、介護老人保健施設(以下、老健と呼びます。)という施設があります。言うなれば、自宅での生活を前提にした、リハビリ中心に行われる施設で、中間施設とも呼ばれています。 ...

PAGE TOP