これ以上悪化させないための介護予防

これ以上悪化させないための介護予防

一回でも人に頼って楽に過ごせることを覚えてしまうと、高齢者は自分で出来ることも、人頼みになってしまいがちになります。特に病院や施設から在宅に移った時には、その傾向が多く見られます。病院や施設は1~10まで、要望を聞いてくれますし、「お客様」ですので、無下に断ることもありません。

介護は見守ることも大切

その延長で、自宅に帰ってきても、自分では何もする気力が湧かないのです。しかし、介護はお世話をするだけでなく、見守ることも大変重要なことです。要介護者の言いなりになっていては、日常生活動作の衰えにもつながります。

家族としては、無理をして現状以上の介護になったら。との心配もあるかと思いますが、出来ることをさせないのは、更に介護に近い状態をつくっているのと同様のことです。入浴やトイレなども見守りは大切ですが、出来ない時には手伝う位にとどめ、自分で行うことの喜びを感じてもらうことも必要です。

福祉用具を活用して負担を減らす

何でもかんでも、手伝ってしまうと体力も気力も失ってしまいます。在宅介護ならば、福祉用具や使用している家具の配置を変えるだけで、要介護者に負担が掛からず、安全に家庭で過ごす環境が整えられるはずです。福祉用具だけでなく、段差の解消や手すりを付けることで、筋力や体力を取り戻し、自らが諦めていたことが出来たときには、一人で出来た達成感を一緒に喜びましょう。

高齢者の自信になる

上記のような事を続けることにより、以前の生活の感覚を思い出し、一つ一つクリアしていくことで、要介護者も自信が持てるようになります。少しづつ自信を取り戻し始めたら、洗濯物を畳んでもらうなどの家事のお手伝いを頼むようにします。男性でもマメな人はいますし、女性は今までやってきていることなので、抵抗が余りないでしょう。どのような畳み方でも良いのです。
自信を与え、自分のやるべきことを見つけることが、介護予防にもつながっていきます。

個人差はありますが、要介護者が出来る範囲の家の仕事を任されるというのは、介護者が思うより、嬉しいことです。ただし、常に見守りが必要なことは忘れないでください。


PAGE TOP