親の介護が必要になったらすること

介護は急に訪れます。その時になって焦る前に今のうちから必要な知識や対策を行いましょう。

退院後に自宅へ戻る場合は、「ある程度の日常生活動作(ADL)が維持されているか」、又は「本人の強い希望で自宅に帰りたい」と、いう場合が多いでしょう。それには、家族の中に介助若しくは介護できる人が居ることが条件となります。 入院の間にも状態が安定していれば、リハビリも行いますので、杖などを使用して自力で歩行できる範囲であれば、在宅介護は可能と言えます。しかし、入院以前のように回復する事は、大変難しく、自宅の改装が必要になる場合が多々あります。 家具の配置替え、ベッドの購入・ポータブルトイレの必要性などを検討しなければなりません。また、それに加えて、段差の解消や浴室・トイレの改装、手すりを取り付けるなど、自宅をバリアフリーの状態にしなければならない場合もでてきます。 自宅をバリアフリーにするためには、工事が必要ですが、介護度に関係なく、工事費うち約20万円は一律に補助金が出るようになっています。工事は市区町村から依頼された業者が行うことが、通常の流れです。 工事を請け負う工務店には、福祉住環境コーディネーターという人がいます。どのような不都合があり、どの部分をどのように改装するのかを文章として、市区町村に提出し、それが認められると補助金を貰っての工事ができます。大抵の場合は、部屋に出入りする段差の解消や廊下やトイレ・浴室の手すりを付けるという事が多く、他の部分は以前からある家具を上手に利用して、つたって歩いていけるように工夫したりします。 また、介護用具も必要となってきます。自宅は介護施設のようには作られていないので、車椅子を使う場合には、トイレのドアを外し、カーテンにするなど、狭い空間の中で要介護者も介護する人にとっても負担の掛かる介護は、継続出来ないことと、余計なストレスを溜め込む原因となってしまいます。 それを解消するためには、自宅をバリアフリーにするだけでは、解決しない場合も少なくありません。入浴などの負担の大きい介護に対しては、デイサービスを利用するなどして、対応することも視野に入れて考えましょう。

自宅をバリアフリーに、退院後すぐに在宅介護へのルート

退院後に自宅へ戻る場合は、「ある程度の日常生活動作(ADL)が維持されているか」、又は「本人の強い希望で自宅に帰りたい」と、いう場合が多いでしょう。それには、家族の中に介助若しくは介護できる人が居ることが条件となります。 自宅を改装する 入院の間にも状態が安定していれば、リハビリも行いますので、杖などを使用して自力で歩行できる範囲であれば、在宅介護は可能と言えます。しかし、入院以前のように回復する事は、大変難しく、自宅の改装が必要になる場合が多々あります。 家具の配置替え、ベッドの購入・ポータブルトイレの必要性などを検討しなければなりません。また、それに加えて、段差の解消や浴室・トイレの改装、 …

老健でリハビリ、その後在宅介護へのルート

老健でリハビリ、その後の在宅介護へのルート

退院後、そのまま自宅での療養に戻ることに自信が持てない高齢者には、介護老人保健施設(以下、老健と呼びます。)という施設があります。言うなれば、自宅での生活を前提にした、リハビリ中心に行われる施設で、中間施設とも呼ばれています。 介護老人保健施設でのリハビリ 現在では、病院に併設される形で運営されており、この施設を経てから、在宅介護に移る方も多いのです。階段の上り下り、入浴の仕方など、さまざまなシュチュエーションを設定して、リハビリが行われます。 しかし、あくまでも中間施設ですので、入所期間は決められています。こちらも病院と同様に、約3ヶ月から6ヶ月、リハビリの経過観察により最長で約1年間といっ …

介護保険について理解する

家族の介護をすることになったら必ず介護保険を利用すること

介護保険制度は平成12年(西暦2000年)に、導入されました。その目的には、高齢化社会が始まり、医療費の負担が大きくなったので、介護保険を優先することにより、「医療費の削減」と、施設介護から「在宅介護への移行」があります。 サービスを利用して負担を減らす 痴呆や病気などの身体介護が必要になった場合、そして寝たきりにならずとも日常生活に支障をきたすことにより、福祉サービスが必要になった場合は、介護サービスが必要不可欠になります。通常では、介護保険制度により、介護サービスを受けることができます。 要介護認定は市区町村で申請 介護保険は要介護認定を判定し、その介護度で福祉サービスを受けられるようにす …

要介護認定を受ける

必ず要介護認定を受けること

高齢者になると、高齢に加えて病気又は持病の悪化・痴呆・怪我などで、徐々に介助や介護が必要な状態になることが多くなります。 一般病院(救急病院)やシルバーハウス・高齢者住宅など、急性期の病院や介護を行わない住居では、要介護認定の必要もありません。しかし、このような病院や居住では、自費でホームヘルパーの福祉サービスを受けなければなりません。 要介護認定を受ける 介護が必要になった時には、在宅介護に必要な在宅サービスや介護をしてくれる施設への入所、若しくは入居には、介護保険制度の要介護認定を受ける必要があります。何故ならば、要介護認定を行い、介護度を提示しなければ、自費より安い値段でサービスを受ける …

入院中に退院後の介護について考える

入院中に退院後の介護について考える

高齢者が一旦入院すると、大抵の場合、その後は経過観察で他の病院へ移るか、若しくはリハビリを兼ねて他の福祉施設のお世話になるケースがあります。 通常の入院の場合、その期間は約3ヶ月から6ヶ月程度と見ておいたほうが良いでしょう。緊急入院の場合には、3ヶ月を目処として入院期間を考えます。 退院後はどうするのか? 退院後、自宅へ引き取り在宅介護を行うか、それとも他の病院や施設などに入所させるか等の選択に迫られることになります。もし、入院中の動けない期間で日常生活動作(ADL)が低下してしまった場合は、自宅での介護が難しいと判断される家族が多いはずです。また、家族全員が働いていて介護できない事もあるでし …

治療のため病院へ入院する

治療のため病院へ入院する

  2015/02/15    介護の基本 ,

高齢者は歳を重ねるごとに、色んな病気を抱えてしまいます。誤嚥による肺炎や持病の悪化など、その病気は多岐にわたり、治療のために病院へ入院する機会も増えていきます。通常の生活から入院生活にはいると、若い頃とは違い、自己免疫力や自然治癒力の低下により、治るまで大変時間がかかります。 投薬治療は合併症のリスクも ほとんどの場合は、投薬治療を行い、時には手術を余儀なくされる場合もあります。その治療の過程では、合併症を引き起こし予後が悪くなっている場合もあります。また、痴呆を発症したりする場合もあります。この痴呆には、一過性のものとアルツハイマーなどになってしまう事もあります。 このような状態が続くと、個 …

高齢者はちょっとした怪我が要介護状態に

高齢者はちょっとした怪我が要介護状態に

高齢者の怪我の多くは、家の中での転倒などが原因が一番多い事を知っていますか? 住み慣れた家の中は、高齢に伴って反射神経が鈍くなっている高齢者には、とても無防備な場所と言えるでしょう。 また、高齢であっても、身体機能の衰えを自覚せず、「まだまだ大丈夫」と過信することにより、家庭内での事故や怪我が大きく影響することは間違いありません。 一番注意するのが骨折 高齢者の怪我といえば、まず骨折が挙げられます。転倒の仕方で違いはありますが、高齢者は骨密度も若い時と比べてスカスカな状態と言えます。骨粗鬆症という言葉を聞いたことがあると思いますが、これがその状態を指します。 骨折などちょっとした怪我で入院を余 …