親の介護が必要になったらすること

介護は急に訪れます。その時になって焦る前に今のうちから必要な知識や対策を行いましょう。

老健でリハビリ、その後の在宅介護へのルート

      2017/01/11

老健でリハビリ、その後在宅介護へのルート

退院後、そのまま自宅での療養に戻ることに自信が持てない高齢者には、介護老人保健施設(以下、老健と呼びます。)という施設があります。言うなれば、自宅での生活を前提にした、リハビリ中心に行われる施設で、中間施設とも呼ばれています。

介護老人保健施設でのリハビリ

現在では、病院に併設される形で運営されており、この施設を経てから、在宅介護に移る方も多いのです。階段の上り下り、入浴の仕方など、さまざまなシュチュエーションを設定して、リハビリが行われます。

しかし、あくまでも中間施設ですので、入所期間は決められています。こちらも病院と同様に、約3ヶ月から6ヶ月、リハビリの経過観察により最長で約1年間といったところでしょうか。終身介護施設ではないため、老健を退所することになります。

介護老人保健施設に入る条件

介護老人保健施設に入る条件としては、病状が安定していること。リハビリを目的としていること。自宅に帰ることを前提としていることです。病院に近い形でケアが行われますが、医療従事者は医師1名と看護師が数名で、福祉従事者には介護職員・理学療法士・作業療法士がいます。施設にもよりますが、看護師は夜間も常駐している所もあれば、そうでない所もあります。
これは、「夜間、看護師を必ず置かなければならない」という規定がないためです。

介護老人保健施設は3ヶ月が入所期限

老健の退所時期は、3ヶ月に一度のカンファレンス(会議)により決められます。もちろん、自宅での日常生活動作(ADL)が可能か否かで判断します。最初に作成されたリハビリのプラン通りに進められているか。プランの見直しが必要か。なども併せて話し合われます。

リハビリのプランは、その個人により異なり、また家族構成や自宅の使い勝手でも考えられます。
自宅のどの部分を改善すれば、より良く生活できるかなども考慮に入れ、自宅に戻った時のためにリフォームが必要な場合もあります。

老健に入所している間にリフォームを行うことが理想です。その場合は、介護度に関わらず、約20万の補助があります。段差を無くしたり、手すりの設置などが主流となります。これは、市区町村が窓口となり、委託された工務店で工事を行います。

介護士として働くなら派遣社員がおすすめ

最近では仕事に介護を選んで家族の在宅介護にも活かそうという人も多くみられます。ですが、未経験で無資格ではなかなか正社員としては採用されにくいものです。

そこで介護派遣がおすすめです。派遣社員なら未経験でも登録することができ、スキルに応じた職場が紹介されます。働きながら資格の取得も目指せるのでオススメですよ。

 - 施設介護 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

特別養護老人ホームの空きが無い時はショートステイで負担軽減
特別養護老人ホームの空きが無い時はショートステイで負担軽減

今は高齢社会になってきていて、施設介護を受けたいという希望をしている人も少なくありません。申し込みの順番、介護度の高さなどを総合的に考えて、空き待ちの順番が決まるのですが、特別養護老人ホームは一人亡くなって一人の受け入れが可能になるので、なかなか空きが出てくるということはありません。 見出し1 介護度が高い在宅介護2 利用したい時に利用できる介護施設を3 介護が必要になったらショートステイから4 ショートステイは在宅介護の力強い味方 介護度が高い在宅介護 そうした状態で施設介護を受けることが望ましい状態なのに、在宅介護を余儀なくされている人がたくさんいます。特に介護度が高い人は寝たきり状態です …

特養や有料への入居で終末期介護へのルート
特養や有料への入居で終末期介護へのルート

大抵の場合は、病院から介護老人保健施設(以下、老健という)、自宅へというケースが望ましいのですが、家族の都合などにより自宅での介護を視野に入れていないのも事実です。一旦、入院してしまうと、必ずと言って良いほど介護を必要とする可能性が高まります。それは、高齢であるがため、完治が難しく、通常の動作ができなくなっていることに要因があります。 見出し1 老人ホームに入所する2 終末期はどこで迎えるか3 老人ホームについて事前に調べておくといい 老人ホームに入所する その為に、家族は介護付きの終身施設を選んでしまいます。入院から老健へ移り、その間に特別養護老人ホーム(以下、特養という)や介護付き有料老人 …