特別養護老人ホームの空きが無い時はショートステイで負担軽減

特別養護老人ホームの空きが無い時はショートステイで負担軽減

今は高齢社会になってきていて、施設介護を受けたいという希望をしている人も少なくありません。申し込みの順番、介護度の高さなどを総合的に考えて、空き待ちの順番が決まるのですが、特別養護老人ホームは一人亡くなって一人の受け入れが可能になるので、なかなか空きが出てくるということはありません。

介護度が高い在宅介護

そうした状態で施設介護を受けることが望ましい状態なのに、在宅介護を余儀なくされている人がたくさんいます。特に介護度が高い人は寝たきり状態ですべてにおいて介護が必要だったり、認知症で行動に見守りが必要だったりする場合が多いです。

介護施設の空きがないということで、ショートステイなどで短期入所をするなどしている人は多いですが、やはり介護施設が決まっていつまでもいられるとなると、そこで生活が落ち着くので理想です。

利用したい時に利用できる介護施設を

介護施設の空きがない状態、これからの高齢社会を考えていくと、もう少し望んだ時に利用できる施設を整備していくことが必要なのではないかなと思います。

私の祖母は認知症になり特別養護老人ホームでお世話になりましたが、施設に入ることができた時には家族全員が本当にほっとしましたし、祖母のことを気にしている生活が少し落ち着きました。

介護が必要になったらショートステイから

実際に自身や身内が迎えるまで介護業界は関わりが少ないのが実態だと思います。いざ介護が必要になっても、全てを家族のみで対応をするのはかなりの労力が掛かると思います。

しかし、いきなり施設に身内を任せるのも気が引ける方も多いのではないでしょうか。そんな介護施設への最初のステップとしてショートステイは適しているかもしれません。

名前の通り短期利用を目的とした施設の名称です。その為、介護施設を検討されている方が雰囲気や施設での流れを把握する為に利用する方も増えている印象があります。

何歳になっても、慣れ親しんだ家を離れる事には大きな不安が伴います。ましてや高齢者の方にとってその気持ちはより一層強いに違いありません。だからこそ、いきなり生活の場を180度変える事は精神的にも肉体的にも負担になり得ます。

重ねてとはなりますが、そんな時にショートステイは力強い味方になってくれます。介護施設を体験するでも良いと思います。

ショートステイは在宅介護の力強い味方

または、急な出張や用事があり家を空けなければいけない時があるかもしれません。家に高齢の方を1人きりにする事は互いに心配だと思います。そんな時に家を不在にする数日だけショートステイを利用する事も可能です。

また、仕事と身内の介護を行わないといけない場合、介護者の負担も大きくなり負担が大きくなってしまう点からもショートステイは力強い味方になり得ます。

施設を考えている方は先ずはショートステイで施設の内情を把握する為に申し込んでみては如何ですか。


PAGE TOP