親の介護が必要になったらすること

介護は急に訪れます。その時になって焦る前に今のうちから必要な知識や対策を行いましょう。

「 バリアフリー 」 一覧

退院後に自宅へ戻る場合は、「ある程度の日常生活動作(ADL)が維持されているか」、又は「本人の強い希望で自宅に帰りたい」と、いう場合が多いでしょう。それには、家族の中に介助若しくは介護できる人が居ることが条件となります。 入院の間にも状態が安定していれば、リハビリも行いますので、杖などを使用して自力で歩行できる範囲であれば、在宅介護は可能と言えます。しかし、入院以前のように回復する事は、大変難しく、自宅の改装が必要になる場合が多々あります。 家具の配置替え、ベッドの購入・ポータブルトイレの必要性などを検討しなければなりません。また、それに加えて、段差の解消や浴室・トイレの改装、手すりを取り付けるなど、自宅をバリアフリーの状態にしなければならない場合もでてきます。 自宅をバリアフリーにするためには、工事が必要ですが、介護度に関係なく、工事費うち約20万円は一律に補助金が出るようになっています。工事は市区町村から依頼された業者が行うことが、通常の流れです。 工事を請け負う工務店には、福祉住環境コーディネーターという人がいます。どのような不都合があり、どの部分をどのように改装するのかを文章として、市区町村に提出し、それが認められると補助金を貰っての工事ができます。大抵の場合は、部屋に出入りする段差の解消や廊下やトイレ・浴室の手すりを付けるという事が多く、他の部分は以前からある家具を上手に利用して、つたって歩いていけるように工夫したりします。 また、介護用具も必要となってきます。自宅は介護施設のようには作られていないので、車椅子を使う場合には、トイレのドアを外し、カーテンにするなど、狭い空間の中で要介護者も介護する人にとっても負担の掛かる介護は、継続出来ないことと、余計なストレスを溜め込む原因となってしまいます。 それを解消するためには、自宅をバリアフリーにするだけでは、解決しない場合も少なくありません。入浴などの負担の大きい介護に対しては、デイサービスを利用するなどして、対応することも視野に入れて考えましょう。

自宅をバリアフリーに、退院後すぐに在宅介護へのルート

退院後に自宅へ戻る場合は、「ある程度の日常生活動作(ADL)が維持されているか」、又は「本人の強い希望で自宅に帰りたい」と、いう場合が多いでしょう。それには、家族の中に介助若しくは介護できる人が居ることが条件となります。 自宅を改装する 入院の間にも状態が安定していれば、リハビリも行いますので、杖などを使用して自力で歩行できる範囲であれば、在宅介護は可能と言えます。しかし、入院以前のように回復する事は、大変難しく、自宅の改装が必要になる場合が多々あります。 家具の配置替え、ベッドの購入・ポータブルトイレの必要性などを検討しなければなりません。また、それに加えて、段差の解消や浴室・トイレの改装、 …