親の介護が必要になったらすること

介護は急に訪れます。その時になって焦る前に今のうちから必要な知識や対策を行いましょう。

「 介護保険 」 一覧

遠距離介護で気をつけるポイント

遠距離介護で気をつけるポイント

核家族が進んでいる昨今では、家族が遠く人住んでいる遠距離介護がよく見受けられます。遠くに自分の母親や父親がいる場合はどのような点に注意していけばよいのでしょうか。 何かあった時に駆けつけてくれる人を決めておく 高齢者だけで住んでいる場合は何が起こるか分りません。そのため、何かあった時にすぐに駆けつけてくれるような人を決めておくと、緊急時などは助かります。 近隣住民の方でも良いですし、ご本人の友人などに声をかけておくと良いですね。 また、連絡手段なども決めておくとスムーズにいきます。 介護保険を申請して、ケアマネジャーを付けておく ご本人が介護状態であれば介護保険を申請して、ケアマネジャーを付け …

介護保険について理解する

家族の介護をすることになったら必ず介護保険を利用すること

介護保険制度は平成12年(西暦2000年)に、導入されました。その目的には、高齢化社会が始まり、医療費の負担が大きくなったので、介護保険を優先することにより、「医療費の削減」と、施設介護から「在宅介護への移行」があります。 サービスを利用して負担を減らす 痴呆や病気などの身体介護が必要になった場合、そして寝たきりにならずとも日常生活に支障をきたすことにより、福祉サービスが必要になった場合は、介護サービスが必要不可欠になります。通常では、介護保険制度により、介護サービスを受けることができます。 要介護認定は市区町村で申請 介護保険は要介護認定を判定し、その介護度で福祉サービスを受けられるようにす …

入院中に退院後の介護について考える

入院中に退院後の介護について考える

高齢者が一旦入院すると、大抵の場合、その後は経過観察で他の病院へ移るか、若しくはリハビリを兼ねて他の福祉施設のお世話になるケースがあります。 通常の入院の場合、その期間は約3ヶ月から6ヶ月程度と見ておいたほうが良いでしょう。緊急入院の場合には、3ヶ月を目処として入院期間を考えます。 退院後はどうするのか? 退院後、自宅へ引き取り在宅介護を行うか、それとも他の病院や施設などに入所させるか等の選択に迫られることになります。もし、入院中の動けない期間で日常生活動作(ADL)が低下してしまった場合は、自宅での介護が難しいと判断される家族が多いはずです。また、家族全員が働いていて介護できない事もあるでし …