親の介護が必要になったらすること

介護は急に訪れます。その時になって焦る前に今のうちから必要な知識や対策を行いましょう。

「 地域包括支援センター 」 一覧

介護保険について理解する

家族の介護をすることになったら必ず介護保険を利用すること

介護保険制度は平成12年(西暦2000年)に、導入されました。その目的には、高齢化社会が始まり、医療費の負担が大きくなったので、介護保険を優先することにより、「医療費の削減」と、施設介護から「在宅介護への移行」があります。 サービスを利用して負担を減らす 痴呆や病気などの身体介護が必要になった場合、そして寝たきりにならずとも日常生活に支障をきたすことにより、福祉サービスが必要になった場合は、介護サービスが必要不可欠になります。通常では、介護保険制度により、介護サービスを受けることができます。 要介護認定は市区町村で申請 介護保険は要介護認定を判定し、その介護度で福祉サービスを受けられるようにす …

要介護認定を受ける

必ず要介護認定を受けること

高齢者になると、高齢に加えて病気又は持病の悪化・痴呆・怪我などで、徐々に介助や介護が必要な状態になることが多くなります。 一般病院(救急病院)やシルバーハウス・高齢者住宅など、急性期の病院や介護を行わない住居では、要介護認定の必要もありません。しかし、このような病院や居住では、自費でホームヘルパーの福祉サービスを受けなければなりません。 要介護認定を受ける 介護が必要になった時には、在宅介護に必要な在宅サービスや介護をしてくれる施設への入所、若しくは入居には、介護保険制度の要介護認定を受ける必要があります。何故ならば、要介護認定を行い、介護度を提示しなければ、自費より安い値段でサービスを受ける …